スマホの緊急通報を利用したんだけど

スマートフォン
SPONSORED LINK


スマホの緊急通報を利用したんだけど

暮れに買い出しに行って、これでもかっ、てくらい
生活用品を買って それを車から降ろして両手にさげて
マンションに入ろうとした途端、

目の前でドカン!
交差点の真ん中での車同士の衝突事故を目撃!

片方の運転手はつぶれた車を交差点の端に寄せて降りてきた、
もう一人の運転手が車の全面がほぼ全壊した車両に乗ったままで
顔がひきつっっていて降りてこない。

やばー 、回りを見渡したけどその場に人はいなくて、
これは電話しなきゃとスマホを取り出す。

荷物の重さで震える手でスマホのロック解除は至難の技、
そうだ、緊急通報を使えばいいんだ~

番号を間違えないように119番へ通報。

すぐに繋がった。

119番: どうしましたか。

私: ×××交差点で車同士の事故です。
運転手の一人が車の中に乗ったままで動けません。

はやく来て。私は通りすがり。。

119番: その運転手はどこが痛いんですか?
私:   そんなんわかりません。
119番 :聞いてください。

その会話の間に運転手は別の通りがかりの人に車から降ろされて
私とは対角線上の歩道に座らされていた。

私:  運転手は車から降りてるけど聞けません。いる場所が離れてます。
119番: いや聞いてください。どこが痛いのか。

私:聞けったって。
荷物が重くって腕がちぎれそうなのよ。
ここからだったら信号を2回待たないとだめ、
重くて、腕がちぎれます。運転手のそばまで行けません。

119: 落ち着いてください。そしてどこが痛いのか聞いてください。

私:はぁ~?

落ち着くもなにも買い出しの荷物が。。。
キャベツ他野菜に調味料の瓶、
それに極めつけがカイロのお徳用30個入りが2ケースetc…

もう、腕が限界~~

と、
けがをしてる運転手さんのそばでだれかが電話をする様子が見えた。。

私:  誰か他の人が電話かけてるからもう切る。
腕がちぎれそう。 その人に聞いてよ。。

で会話は終了しました。

荷物の重さに耐えながらやっとのことで自室へ。

ほどなく救急車が来てさっきの怪我をした人が救急車へ
乗せられるのを見届けて部屋の窓から離れた。

よっぽどのことがない限り使わないスマホの緊急通報だけど
印象に残ったデビューとなりました。

スマートフォン

SPONSORED LINK

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お気に入りショップ

おすすめ記事

ページ上部へ戻る