食べ過ぎが原因の肌荒れ 最速で改善するには?

SPONSORED LINK


食べ過ぎが原因の肌荒れ 最速で改善するには?
年末年始、何かと食べる機会が増える。
食べ過ぎると太るのわかってるからほどほどに!など、自分に言い聞かせていても、忘年会の料理やデザートのスイーツ、お正月のおせち料理、レストランの特別メニューなどもいろいろ誘惑がありすぎてつい食べてしまった。。。

気が付いたら体重3㎏オーバーだけじゃない、ひどい肌荒れ。
口の周りに吹き出物ができたり、ガサガサで、痒くなったりして悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

食べ過ぎによる肌荒れ、原因は?


そもそも人間の体には限度というものがあります^^;

胃が食べ物を消化する力もほぼ決まっていて一定量以上の食べ物や飲み物が運ばれてくれば当然消化しきれません。
それ以外にも排出できないまま腸へ貯まったものが毒素になり活性酸素を大量に発生させます。

この活性酸素で肌に酸化が起こるため肌荒れの原因になります。
また体内に貯まった毒素は血液にも浸み混んで体の隅々に運ばれます。それが吹き出物やかゆみにもつながるのです。


食べ過ぎが原因の肌荒れ 改善するには?


食べ過ぎることは肥満だけでなく肌にも影響します。
肥満は食事をコントロールしたり、運動をすれば元に戻れます。

しかし、活性酸素により酸化した肌はコラーゲンにダメージを与えて正常に機能できなくなっているのです。

例えば、吹き出物はオロナインをつければ治るかもしれません。
※昔から親にも云われてきたシンプルな方法です^^

コラーゲンは真皮層という深い部分にあります。
網の目のように張り巡っていてスプリングみたいな役目をはたしています。
その隙間には水分を沢山蓄えて保湿ができていて、肌の弾力とハリを生みます。

このコラーゲンが肌の酸化でほころびてきて網の目が壊れた場所ができます。
そうなると水分も貯まりませんし、クッションの働きもしなくなります。

いくら表面上の肌荒れは改善されてもそれは見せかけだけ。
ちょっとした体調の変化でまた肌荒れがでて悩むことになります。

コラーゲンを含む美容液を顏に塗っても粒子が大きいため真皮層までは届かないし、コラーゲンのサプリメントを飲んでも体中に分散されてしまう分けで、集中的に顏にコラーゲンが届くとは限りません。


im-12
顏の奥(真皮層)で新しいコラーゲンを育てます。


太りすぎによる肥満と肌荒れはまず胃を正常の状態に戻すことから始めましょう。
肥満でスカートやパンツがはいらない!を解消するには適度なスポーツとバランスのよい適量の食事を1日三回取ること。
肌荒れを根本から解消するには毒素で失ったコラーゲンを作ることです。




SPONSORED LINK

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お気に入りショップ

おすすめ記事

ページ上部へ戻る