アイムピンチ 使い方 ベトベトしない方法とは?

アイムピンチ つけ方 夏は?
SPONSORED LINK


アイムピンチ 使い方 ベトベトしない方法とは?

アイムピンチの美容液は夏は特にベトベトして使いづらい、
汗をかいて顏がいつもベトベトしてるから自分の肌って脂性になったと勘違いしている人も多いです。乾燥肌の人でも顏から汗はでます。

乾燥肌が改善されたと思っているのは間違いで実は肌の内部は乾燥していることが多いです。

夏の肌の手入れを怠っては秋にはそのその反動が確実にきてシワやほうれい線がくっきり、一挙に歳をとった肌になりますから夏場であっても洗顔後のスキンケアは必要です。

ベトベトしない方法は私は夏は冷蔵庫に入れて冷やして使っています。

アイムピンチ つけ方
お風呂からあがったらまず髪を乾かします。
ドライヤーを使ったら顏から汗がでてるので、もう一回水で洗います。

タオルで拭いたあとに冷蔵庫で冷やした化粧水を付けます。
化粧水が顏に馴染んだ後に、また手のひらへ化粧水を出して、そこへアイムピンチ美容液を混ぜて顏全体を覆うようにして抑えます。
ひんやりした感じが気持ちいいです。

1分弱手のひらで押さえてその後で気になる部分のシワやほうれい線のスジにアイムピンチを手に取って重ね付けします。
それで終わりです。
本当はアイムピンチの跡に乳液か美容クリームをつけるらしいですが、冬にはしますが夏はしたことがありません。もし乳液などをつける場合には同じく冷蔵庫で冷やすとよいですね。


朝の洗顔は私は石鹸は洗顔フォームは使わない派です。水だけで洗っています。
そして冷蔵庫で冷やしている化粧水を顏になじませて、
その後に夜したのと同じように化粧水にアイムピンチ美容液を混ぜます。
混ぜる量は夜よりグーンと少なめです。量にしたらパール1粒より少ないくらい。

0717-3


あまりたくさんになると化粧崩れするので極力少な目にしています。
手のひらパックで顏になじませてから化粧下地を塗って普段のメイクをします。

冷やしてつけるとしばらく汗はでないのでその間にアイムピンチの美容成分はしっかりと浸透するし、顔もすっきり気持ちがいいです。顏の奥の乾燥の改善は秋になったらその成果がよくわかりますよ。一度試してみてください。

SPONSORED LINK

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お気に入りショップ

おすすめ記事

ページ上部へ戻る