世界一受けたい授業 ほうれい線を麻木久仁子さんが改善した方法(やり方)

麻木久仁子さんほうれい線エクササイズ
SPONSORED LINK


世界一受けたい授業 ほうれい線を麻木久仁子さんが改善した方法(やり方)



世界一受けたい授業 :10月12日放送(9月21日続編)
1か月間ほうれい線、顔のたるみ改善術を麻木久仁子さんが実践しました。


ほうれい線をけすやり方(アンチエイジング)
イケメン美肌Dr.東京警察病院 澤田彰史先生が提案する
アンチエイジング、ほうれい線を消してたるみを改善する方法、
エクササイズとは、

たった1か月で老化現象のほうれい線とあごのたるみを
解消することができるかで麻木久仁子さんが実践しました。

チェックたるみと紫外線の関係

人間の皮膚の内部はコラーゲンが細かい網目状になっていて
その網目が崩れると肌のハリがなくなります。

しっかりした網目状の状態をキープしていると
顔にハリが持続できます。

紫外線を多く浴びた人はコラーゲンの網目が壊れて
顔にハリがなくなってしまう。

それがたるみや、ほうれい線のできる原因です。


チェック若い人と年配の人のコラーゲンは同じ?

コラーゲンは年齢とともに老化する。
量が減るだけでなく質も悪くなります。

コラーゲンの老化もたるみの原因になります。


ほうれい線・顔のたるみ改善の3つの方法


その1.ハリUPディナー(ハリーアップディナー

コラーゲンンを増やして急いでhurry upで
肌のハリをアップさせるための夕食


コラーゲンを増やす働きがある鮭とキウイを食べる

tarumi-1 tarumi-2

新しくつくられるコラーゲンとしては原材料となる
タンパク質を摂取する事が必要です。

コラーゲンを増やしやすく、手軽に手に入る2つの食べ物
それが鮭とキウイです。


チェック≪鮭≫
鮭の身はタンパク質が非常に豊富で
皮にもコラーゲンが入っているので皮も残さずたべるのがポイント

さらに鮭の赤身の元になってるアスタキサンチンという物質は
高酸化物質で紫外線よる細胞のダメージを守ってくれる働きがあります。


チェック≪キウイ≫
ビタミンCを摂るのは生のフルーツ、野菜から獲るのが理想的
特にビタミンCが多くて手にはいりやすいキウイがおすすめ


一日に摂取する量
鮭2切れ キウイ2個 

食べられない時はサプリメントでOK!

>>>ビタミンCサプリ
>>>鮭の代用 コラーゲン アスタキサンチサプリ  


この鮭とキウイを食べる時間として
コラーゲンは特に睡眠中に活発に作られるので
夕食に摂るのがベストです。



その2.まいう体操 で顔の筋肉を鍛える

顔の筋肉を鍛え直す為に
「ま」と「い」と「う」の3つのひらがなを言うだけ
SPONSORED LINK


チェック「ま」は顎の下の筋肉を鍛えなおす体操

口を大きく開けて「まー」と10秒間言い続けます。

ma
その時に顎の舌の顎舌骨筋を意識しながらなるべく
大きな口でやるのがポイント
大きな口、大きな声で「ま」と言うのがポイント


顎の下のたるみは顎の下にある
顎舌骨筋(がくぜつこつきん)という筋肉が
あまり使われないと舌を支える力が弱くなってたるんでくる。
それが二重あごの原因に、なるのです。

「ま」という形で口を大きく開けると顎舌骨筋が鍛えられるので
アゴのたるみの改善になります。



チェック「い」頬を支える筋肉を鍛える体操

頬の筋肉を意識しておもいっきりの笑顔、
「い」とやるのがポイント。
e-
年齢とともにほっぺたのところにある筋肉
(小頬骨筋・大頬骨筋)が小さくなり、
頬を支える力が弱くなりたるみ、ほうれい線の原因になる。

頬の筋肉を鍛える表情が「い」という笑い顔になる。




チェック「う」口角筋を鍛える体操

思いっきりタコ口で口輪筋が痛くなるくらいにやる
u-
口のまわりは口輪筋という筋肉があって
これが弱くなってくると
ほうれい線がでてくる原因となります。



マウイ体操の回数は、
それぞれ10秒を5回 朝、昼、晩に実践する。

この顔の筋肉エクササイズのマウイ体操を実践している
麻木久仁子さんはやったあと顔の筋肉が痛くなって
頬が張ってる感じがするそうです。

それは普段使われてない筋肉が使われてる証拠。
この調子でやればOK!です。



その3.42度で洗顔をする

42度のお湯で顔を洗うとヒートショック効果で
ヒートショックプロテインが生まれて
コラーゲンが作り出されます。

42度洗顔
やり方は、
まずお湯を42度に設定して3分間洗顔します。
そのあと、42度のお湯であたためたタオルで2分間保温します。

顔の皮膚を42度のお湯で5分間温めることになります。
これでヒートショックプロテインの効果が期待できます。



ヒートショックプロテイン効果はエステサロンでも実践されていて
ヒートショック美顔器も販売されています。

>>>ヒートショック美顔器


回数は朝と夜の1日2回行うと効果的です。
その後は化粧水で十分保水してください。


上記のことを実践した効果を得るための条件として
・午前0時までに寝ること
・日焼けをしないようにすること


澤田先生に教えてもらったことをタレントの麻木久仁子さんが実践
鮭を夕飯に2切れ食べる。キウイを2個食べる
まいう体操をする、
42度のお湯で洗顔3分、42度のお湯で絞ったタオルで保温2分


続けて1か月後、
見事にほうれい線がうすくなっていました。

ほうれい線改善
あごのたるみ改善
毎日見る顔は変化がわかりにくいですが、
写真を撮って比べてみると一目瞭然、効果がすごいですね。

世界一受けたい授業でほうれい線と下あごのたるみを改善した
麻木久仁子さん、若返りに成功ですね。
1か月と云わずいまも実践しているそうです。

コラーゲンが老化に影響を及ぼすこともわかりました。
実践あるのみです。

SPONSORED LINK

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お気に入りショップ

おすすめ記事

ページ上部へ戻る